SEO用語

内部リンクとは|SEO・WEBマーケティング用語の意味・解説

SEOの「内部リンク」の意味を詳しく、図解で解説いたします。併せてSEOに強い内部リンクの構造についてもご紹介いたします。

内部リンクとは

SEOで使われる「内部リンク」とは、同一サイト内でリンクを張ることを指します。

内部リンクは内部対策をする際に非常に重要で、サイト内の構造を内部リンクでクローラー・ユーザーに適切に伝えることによって、適切なSEO評価を得られます。

逆に言えば、適切な内部リンクを施していないと、クローラーが正しくインデックスしなかったり、ユーザーがそもそも見られなかったりするため、どんだけ役に立つコンテンツを作っても正しく評価されなくなってしまいます。

そのため、正しく内部リンクを施すことはSEOの効果において最重要項目の1つです。

適切に評価される内部リンクの構造

結論、クローラーが巡回しやすいサイト設計にすることで、内部リンクの構造を最適化できます。

具体的に言うと、以下の4点を意識するだけでも内部リンクはかなり改善されるでしょう。

  • パンくずを作る
  • 関連記事を表示させる
  • アンカーテキストにキーワードを含める
  • サイトマップを作る
  • カテゴリー設計を見直す

いずれも、クローラーだけでなくユーザーにとっても使いやすいサイト構造になるので、結果的にSEOに強い内部リンク構造になります。