SEO用語

リスティング広告とは|SEO・WEBマーケティング用語の意味・解説

WEBマーケティングでよく使われる「リスティング広告」の意味を詳しく、図解で解説いたします。

リスティング広告とは

「リスティング広告」とは、検索エンジン(Google、Yahoo!、Bingなど)に表示される、検索エンジン連動型のWEB広告です。

一般的に、費用としてはクリック課金型となっていて、オークションのように入札することで決まっていきます。

掲載される順位については、入札単価と広告の質の高さ(クリック率・滞在時間)などでランキング付けされます。

リスティング広告の特徴

リスティング広告の最大の特徴は、SEOと違って掲載順位のコントロールがしやすいことです。そのため、SEOに膨大なコストを割かなくても集客できます。

その他の特徴として、メリット・デメリットで分けてご紹介いたします。

リスティング広告を使うメリット

リスティング広告を使う大きなメリットは下記になります。

  • キーワードを決められるので、ターゲット(ペルソナ)を決めやすい
  • コンバージョン率(CVR)が高いユーザーを集客できる
  • PDCAが高速で回せる

これらのメリットはWEBマーケティングを行う上でかなり重要なので、WEBマーケティングをご検討されるならぜひともリスティング広告を導入してください。

リスティング広告を使うデメリット

リスティング広告を使う大きなデメリットは下記になります。

  • 予算がないとあまり効果が見込めない
  • ランディングページが悪いとCPAが合わなくなる

これらのデメリットを踏まえ、初心者が安易にリスティング広告を始めてしまうとCPAが合わなくなってしまい予算が狂ってくることもありますので、ご了承ください。

リスティング広告の費用

リスティング広告の費用はクリック課金制になっており、PPC(Pay Per Click)広告の1つとなっています。

キーワードによって最低入札単価が決められており、それ以上の金額で入札することで広告が検索エンジンに載り始めます。

入札単価が高いと検索エンジンのより上位に表示されますので、予算が多い方はリスティング広告に大きく投資することをおすすめいたします。