SEO用語

ロングテールSEOとは|SEO・WEBマーケティング用語の意味・解説

SEOの「ロングテールSEO」の意味を詳しく、図解で解説いたします。

ロングテールSEOとは

「ロングテールSEO」とは検索キーワードの掛け合わせ数が多くて検索ボリュームが少ないキーワードを狙うSEOのことを指します。

ロングテールSEOで流入したユーザーは目的意識を強く持っているため、ニーズにマッチしたコンテンツも作りやすく、成約率も高い傾向にあります。

そのため、検索ボリュームが少なくても売り上げに大きく関わってきますので、必ず対策すべき施策の1つです。

ロングテールSEOの重要性

ロングテールSEOでは絶大な効果が期待できます。例えば、あるミニサイトのアクセスを見てみましょう。

こちらのサイトでは全体のアクセスが4763ありますが、上位10キーワード合計のアクセスの合計は2481しかありません。つまり残りの半分のアクセスはアクセス100以下のロングテールキーワードによって流入が発生しています。

また、ロングテールキーワードの大きな特徴としてビッグワードに比べて競合が少ないので、ビッグワードの流入が落ちたとしてもリスクを分散できているため比較的安定したアクセスが得られます。

ロングテールSEOを導入できるツール

ロングテールSEOが重要であっても、アクセスが10もないようなキーワードのコンテンツを作るのもなかなか手がかかります。

そこで、手軽にロングテールSEO対策ができるツールが弊社が運用している「キーワードマッチ」です。

簡単に説明すると、現状のサイトから取り切れていなくて、対策しているページが存在しないキーワードをSearch Consoleから抽出して(手動でキーワードを追加も可能です)、自動でマッチしたページを生成させるツールです。

詳しい資料等はお問い合わせ後に送付させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ

※データベース系サイト、ECサイトなど、データがたくさんあるサイトでないとご利用いただけません。